「病は気から」仕組み解明 病気は自分でつくっている!?

Pocket

 

「病は気から」と昔から言われるが、慢性的なストレスが

消化器の機能障害や突然死をもたらす仕組みを

北海道大などの研究チームがマウスの実験で初めて明らかにした。

ストレス性の病気や突然死の予測に役立つという。

論文は4日までに、国際科学誌イーライフに掲載された。

 

 

 

ネットニュースからの抜粋ですが

ストレスが体に与える影響と言うのは本当に大きいですよね。

 

自律神経の不調は主に悩み、心配などのストレスだと言います。

 

無力感、否定的な感情抑制という精神的要因が癌の増殖や

ひろがりに関連するとも言われています。

 

また楽しい記憶を思い出したグループの免疫細胞は数も多く、活発。

それに対して、気がめいる記憶を思い出したグループは、

免疫細胞の数が著しく低下し、その活動性も低くなり、

感染症にかかりやすい状態になっていたとも言われています。

 

 

私の娘(次女)こんな私に似ず?とっても心配性でして

体調がおかしいと思うとすぐにスマホで

ネット検索して病気をあれこれ調べだします。

 

 

そのことに対しては問題はないのですが

 

心配性なのだからその心配を増幅する情報を

わざわざとる必要があるのか?ということです。

 

 

心配だから調べて情報をとる。

それを見てまた余計に心配になり

 

また違う情報をとる。

 

それを見てもっと心配になりストレスを溜め込むという

悪循環を自分で起こしています。

 

 

何かにつけ心配しては余計な情報を調べ

その調べた情報によって

心配はさらに大きくなりストレスを抱えている。

 

慢性的にストレスを抱えている感じです。

 

「病は気から」と言いますが

 

笑いによって癌が消えたとか

感謝の言葉「ありがとう」を言い続け

体調がよくなったなどと聞きますが

 

 

身体の心配ばかりしていると

意識を向けている病気が引き寄せられてしまいます。

 

 

心配なら早めに病院に行き

そこで悪い結果が出たのなら

 

どうしたらいいかとそこで悩めばいい事ですよね。

 

 

私も自律神経の不調や癌の疑いがあり

1年以上もがんセンターに通った経験があります。

 

 

でも「病は気から」です。

 

心配なことがあった時には専門家にみてもらう。

 

心配してクヨクヨ悩まないことが大切です。

 

 

私の口癖。

 

魔法の言葉を教えますね。

 

『大丈夫!すべてはうまくいっている』

 

 

 

 

 

ボイスマルシェに参加しています。

 

ドキドキ起業したい女性を応援するための
 無料メルマガ講座です。起業女の扉
本 お金のこと学べます

10日間無料お金の講座

¥ あなたは金運体質?

簡単な質問に答えるだけでわかります

キラキラ現状を変えて生きませんか?