Pocket

 

 

ネットで調べものをしていましたら

ふっと目に留まった「長男・長女症候群」という文字。

 

 

長男・長女であれば気になってしまいますよね?

 

 

私も長女なので気になりまして

「長男・長女症候群」調べてまとめてみました。

 

 

 

☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆
この投稿はシェア自由です。
幸せのおすそわけをどうぞ。
☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆

 

素敵な記事を有難うございます。

シャアさせて頂きました。

 

 

長男・長女症候群とは?

 

 

「つい頑張ってしまい、オーバーワーク気味」

「家族や他人の心配をいつもしている」
「他人から頼まれれると断れない」
「何かしていないと罪悪感を感じる」
「パートナーに尽くしすぎてしまう」
「断捨離が出来ていないと自分を責める」

 

これって、実は、長男や長女に多い特有の傾向なんです。
これを「長男・長女症候群」と呼んでいます。
 

 長男・長女は、本当は甘えたい幼少期でも

弟や妹がいて「お兄ちゃんなんだから、しっかりしなさい」

「お姉ちゃんなんだから、譲りなさい、我慢しなさい」と言われて育ったので

大人になってもその記憶(癖)が残り

ついつい「頑張ってしまう」「我慢してしまう」傾向のある人たちのことです。

 

 

 

「パートナーに尽くしすぎてしまう」←コレは私にはあてはまりませんが 笑

他はほぼ長女の私にあてはまりましたね (汗

昔の私にあてはまっていたという過去形でしょうか。

 

 

そして

 

 

我慢して、家族の調整役・お世話役をすることで、褒めてもらえたので

それが自分の価値だという間違った信念を抱いてしまっている人が多いのです。

 

しかし、これを続けていると恐ろしいことが起きます。

周囲の人のお世話を無意識にしてしまうので

お世話をしなくてはならない人を次から次へと創造するのです。

つまり、家族のなかに

病人やトラブルに巻き込まれる人を産み出していくのです。

 

 

さらにクライアントさまの例をあげられています。

 

 

先日の個人セッション(カウンセリング)に来られたAさん。
典型的な長男・長女症候群でした。

 

 

家族や親族が次から次へと癌にかかり、二人の妹さんたちは40歳を過ぎてもいまだに独身。 

ご主人が経営する会社は経営不振でいつ倒産してもおかしくない状態。
心配する種は尽きません。
 

まさに、周囲の人のお世話を無意識にしてしまうので

お世話をしなくてはならない人を次から次へと創造して来たのです。

ですから、家族のなかに、病人やトラブルに巻き込まれる人が産み出し、心配が続くのです。

 

わたしからのアドバイスは

「心配をするのを止めて、家族を完璧だと思いなさい」というものでした。

 

 

まさしく!!!いつぞやかの私そのものです!!!!

読んでいて興奮してしまいましたが

 

あの頃の私は人生の試練続き!

 

でも試練続きだった理由は

私が長男・長女症候群で

周囲の人のお世話を無意識にやっていたから。

 

 

『お世話をしなくてはならない人を次から次へと創造して来たのです。

ですから、家族のなかに、病人やトラブルに巻き込まれる人が産み出し

心配が続くのです。』

 

いつからか私は自分が勝手に決めた

長女としての役割を放棄しました。

 

そして

 

「家族や他人の心配をいつもしている」事もやめました。

その人にある力を信じることにしたからです。

 

 

「他人から頼まれれると断れない」自分も捨てました。

ちゃんと自分で出来る

やれるとその人を信じるようにしたからです。

 

 

「何かしていないと罪悪感を感じる」そんな自分も手放しました。

何もしていなくてもいい

何も出来なくたっていい

そう自分に許可したからです。

 

 

自分を変えたいと思う気持ちさえあれば

いつからでも人は変われるんです。

 

 

あなたも自分を変えてみませんか?

 

話すことで放しませんか?