【星投げびと】

Pocket

何かを拾っては、
海に向かって投げている男がいた

「何をしているの?」

男は答えた

 

 

 

 

「ヒトデを海に投げてるんだ
浜辺に打ち上げられたヒトデは
干からびて死んでしまうから
海に戻しているんだ」と

 

 

 

 

「でもね、ここは砂浜なんだよ
何十キロも続いているし
そこらじゅうヒトデだらけだ
すべてのヒトデを助けることはできないよ
だから、そんな事をしても仕方ないだろう」

 

 

 

 

 

男はじっと聞いていたけれど

 

 

 

 

ふたたびヒトデをつかむと海に投げた

 

 

 

「でも、今投げたヒトデにとっては
意味があるでしょ」

 

 

 

  

 

『星投げびと』  ローレン・アイズリー

 

 

 

 

人生に意味のない事などあるのか?

 

 

 

そして

どんなに大きな事でも

最初は小さな1歩から^^♪