あれから・・☆

Pocket

妹と喧嘩した翌日

結局2人は会わずじまい

次の日

仕事で外に出ていた私

お昼になったので

気まずいながらも

妹に電話を入れ

『出先だから

お昼何か買っていくよ』っと

『大丈夫だよ

餃子2人前

買って来たから

ラーメン作るよ』

少々ぎこちないながらも

何事もなかったような

いつも通りの会話

でもこのままで

いいわけがないので

皆に呼びかけ昨夜 

母がショートステイで

留守の間に

きょうだい皆で

話し合いをしようと実家に集まりました

長男と奥さん

次男と奥さん

妹と妹が再婚しようと

思っている彼

そして私

きょうだいだけでは

感情的になるといけないので

叔父さんにも入ってもらい

でも

感情的になる場面もなく

話し合いが進み

私が月に2度の

3泊4日のショートステイ以外は

順番で母をみない?・・と提案し

カレンダーを囲み

『この日はうちは大丈夫だから

この日は家で預かるね』とか

『この週は都合悪いので

うちは次の週に面倒見るよ』

『じゃ・・この週は

うちは実家に泊まり

母をみるね』

嫌な顔1つもなく

皆が積極的に関わってくれる

重体だった次男

『俺達が見る時は

俺が家に母さん連れて帰り

おれの家でみるからさ

奥さん仕事でいない時は

おれラーメンしか作れないから

母さんのご飯ラーメンでもいいか?』

そんな次男の言葉に

みんなが笑みになったり

今日ショートステイをしている

母の元に面会に行き

母に話し合った事を伝えたら

私が話している間

病気で声が出にくくなった

そんな母が

声にならない声を出し

号泣していた

そんなに泣かないで・・

なだめても なだめても

ただただ泣いていた

母さんの事は

皆がとっても大切に思っている

ただ急にこんなふうになってしまい

みんな戸惑って

みんなどうしていいかわからなくって

母さんに辛くって

寂しい思いをさせてしまっただけ

でも

やっとみんなの思いが母に通じて

母はただただ

小さくなってしまった体を

震わせ泣いていた

車イスで小さな体震わせて

ずっと ずっと泣いていた

大丈夫

また壁にぶつかったら

みんなで話し合い

壁は乗り越えていくよ

乗り越えられない壁なんか

絶対にない

皆さん 

心あたたまるアドバイス

優しいコメント

心配してのメール

本当に本当に

有難うございます

皆さんのあたたかいコメント

読んでいて

皆さんの思いが伝わってきて

涙が止まらなかったです

こんなに素敵な人達と

縁が出来た事を

心から感謝です

本当に本当に

ありがとう

    kiki