その窮屈な生き方の原因は○○だった!

Pocket

 

人生を豊かにナビゲーション

ライフコンサルタント保坂真澄です^^

 

 

我家の王子(5歳)を見ていると

本当に自分の好きな事だけをやっています。

 

 

つい前はトミカにハマっていて

毎日飽きることなく

トミカを走らせレースをしていました。

 

1人でエンジン音から何やら

忙しそうに、楽しそうに

夢中になって遊んでいました。

 

 

 

最近は「ゴジラ」ブーム。

 

毎日飽きることなく

ゴジラのYouTubeをTVの

画面で見ているので

 

 

嫌でも私達は主題歌や

途中で流れている音楽を

何十回と聞かされているので

覚えてしまいます。

 

 

そして勿論、TVを見る事が出来ません(汗

 

 

「ゴジラ」に興味がなかった私達まで

嫌でもゴジラブームになってしまいます。

 

 

楽しいこと以外は

全く興味がなくやらない。

 

 

楽しい事は

お風呂に入ることも

食事をとることも

寝る事さえも忘れて夢中になっています。

 

 

王子のように誰もが

自分の本当に好きな事

楽しい事に夢中になれたら

 

この世の中は素敵なエネルギーで

充満するんだろうな~と思ったりします。

 

 

お金の事、時間の事、世間の事

人の目、そんな制限がなければ

 

 

好きなことだけ

夢中になって出来るのかな?

 

 

楽しい事や好きな事だけを

夢中になってやれない。

 

 

その「制限」をかけているのは

一体何なんだろうと考えたとき

 

 

結局、楽しい事だけやっていたい

好きな事を夢中になってやりたい

 

 

そう願っているはずの

「自分自身」だったりする。

 

 

やりたいはずなのに

自分のやりたいことに制限をかけているのは

他の誰でもなく

 

「自分」

 

自分で制限をかけている

 

 

「そんな事はない!私は好きな事を

夢中になってやりたいけど

そんな好き勝手なこと出来るわけないでしょう」

 

自分が本当に好きなことをやることは

勝手なことなの?

 

それは誰が決めたの?

 

 

「好きな事をやっていて

食べていけるほど

世の中はあまくない」

 

好きな事をやって食べている人も

世の中にたくさんいる。

 

 

「みんなやりたい事も我慢して

一生懸命に働いて生活している」

 

やりたい事を我慢して

一生懸命に働いているみんなと同じでいいの?

 

 

「そんなことしても生活できるなら

とっくにやってる」

 

とっくにやってる?

やったことはあるの?

 

 

自分で自分に制限をかけて

自分の生き方を窮屈にしていないのか?

 

時々、自分に問いかけてみる必要が

あるかもしれない。

 

「子供がいるから」

「旦那がうるさいから」

「親にまた何か言われそうで」

 

窮屈なのは子供がいるからでも

旦那がうるさいからでも

親に何か言われるからでもなく

 

 

それを選択できない自分自身と

自分自身に窮屈な制限をかけている自分。

 

 

全ては自分なんだと

少しずつわかってきて

 

 

それがわかると

生きていくのが今までよりも楽になる。

 

 

 

自分の制限を外して

自由な生き方の選択をしてみませんか?

 

ボイスマルシェに参加しています。

Banner

Large 803

 

ボイスマルシェで待っています。

 

ボイスマルシェの新規登録(無料)

 

   コチラ