ちゃりチャンからの転載 ・・よもにさんからの緊急のお願いです☆

Pocket

殺処分 0 を目指し 遂行してくださっていた

熊本市動物愛護センターが 危機デス。

パルボが感染拡大し 収容場所がMAX のため

防ぎようが無く 殺処分をせざるを得なくなって

しまいました。

私たちは この熊本市動物愛護センターを

崩壊させては いけないんです。

どうぶつ愛護後進国の 我が国にとって ここは

聖地であり 重鎮なのです。

どうか みなさま 熊本市動物愛護センターを

救ってください。

わんこたちの 新しい飼い主様 また レスキューして

くださる 団体さま等早急に 探しています。

色々な形での ご協力を どうか・・

どうか 宜しくお願い致します。

どうぶつたちの見殺しは 政腐だけで 充分です!!

事の詳細 経過報告は 記事が多いため

一部 転載致しますが 残りはリンク貼ります。

尚 時間が無いため コピペですので 申し訳ありませんが

モバイルユーザーさまには 写真が観れないかと思います。

どうか ご了承ください。

にゃわん奮闘記さまのお部屋  まで

http://emibingo.blog49.fc2.com/

お願い致します。

*****以下 一部 転載文*****

センターの危機 #3
気になるセンターの状況
今のところ最新の情報はいただいていません

センターに収容された犬達の命が1つでも救えるように
皆様には呼びかけのご協力をいただいて本当に感謝しています
残念ながらこれまでの引き取りのお問い合わせメールはゼロ
センターの状況も目まぐるしく変化しているので
こうしている間も現場の様子が気になりますが
分からないなりに出来る限りの準備はしておきたいと
諦めずに手を差し伸べてくれるボラさんを待っています

みなさまからいただいた温かいコメントより
お問い合わせなどの気になる内容についてのみ
この場を借りてお返事をさせていただきます

>軽トラさん
大変ご無沙汰しています!
うみんちゅ捜索の際は大変お世話になりました
チワワサイズ...ありがとうございます!
センターには老齢のチワワが収容されています
センターのHP該当ページはコチラ
是非ともご検討宜しくお願いします!
ただし 今のところ引き取り=終生飼養が条件となりますので
一時預かりという形は取れません
老齢ということもありますので新しい飼い主探しも難しいと考えて下さい
もしも引き取っていただけるのなら当方で一時的に預かり
感染のない事を確認してからワクチンを済ませた後にお渡しします

>しこさん
ビルコンの規格は2種類あるようですが
私が調べたところ バイエル社の製品が主のようです
センターでは5kgを3日で2本使い切ったと先週聞きましたので
あればある程消毒が徹底できると思います

>mさん
検査室に収容されている犬達は元気を取り戻したので
その子達の一時的な避難先があれば
次に発症した子達が検査室で限りはあるにせよ治療を受けられます
私たちも避難できる箱(プレハブのような小屋など)を探しています
決してセンターからの要請があったわけではないのですが
準備をするに越したことはない
民間と行政がタッグを組んで取り組み始めたはずの殺処分ゼロ
ここで知らんふりをして逃げる事だけはしたくありません
命と向き合う
逃げたければ避けられる現実ですが
共に生きる動物達のために精一杯の準備や行政への提案を
これからも諦めずに呼びかけていきます

上記以外にご不明な点などありましたら
コメントやメールをお待ちしています!

それから昨日フィリアさんがレスキューしてくれたうみんちゅに
昨日お見舞いに行ってきました
比較的元気で食事も少し食べていたようです
軟便になったからと受けたパルボチェック
残念ながら陽性反応が出てしまいましたが
同じ軽い症状で殺処分されてしまった5頭の分まで
きっと頑張って克服し生きてくれると思います

うみんちゅの日記はまたご報告させていただきます

◆熊本市動物愛護センターの動物たちへ◆

熊本市動物愛護センターに収容された犬や猫たちに
フードやトイレの砂のご支援を宜しくお願いします
私達人間に代わって命を奪われることになるとしても
最期の日まで良質なフードをお腹一杯食べさせてあげて
少しでも満足な時間を送らせてあげたい

・フード (主にドライ)※できるだけ良質なものをお願いします
・ウェットティッシュ(ペット用or赤ちゃん用どちらでも)
・トイレシート(サイズは問いません)
・ペーパータオル(使い捨てでいつも衛生管理をしています)
・ビルコン(消毒剤)↓↓
http://item.rakuten.co.jp/wwpc/760175/#760175

みなさまのお気持ちを熊本市動物愛護センターへ届けてください

熊本市動物愛護センター
メールアドレス doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp

電話番号 096-380-2153

また センターでは沢山収容されている子達の中から
新しい飼い主さんを募集している子達をHPで紹介しています
ペットショップに行く前に...
一度だけでも足を運んでみてください
熊本市動物愛護センターのHPはコチラ

どうか宜しくお願いします

▲ランキング参加中!応援クリック宜しくお願いします!▲

いつもたくさんのコメントをいただきありがとうございます
せっかく書き込みをしていただいているのですが なかなかお返事をする時間がとれず
みなさまのコメントに応えることが難しくなっています
毎日いただきますコメントには とても励まされ大きな勇気に変わっています
いつも応援してくださる方々へ感謝しつつこれからも頑張って参りますので
どうぞ変わらぬ応援を宜しくお願いします

2011.10.25 | |

センターの危機 #2
熊本市動物愛護センターの犬達
今日も6頭の犬の発症が確認されました

そしてとっさにうみんちゅを保護
それ以上の命を預かることは到底無理でした

センターの検査室はウィルスに感染した犬達が治療を受け
既に回復している子が殆んどです
それでも半月~1ヵ月はウィルスを排泄するといわれているため
元気になったからとすぐに検査室から出すことができません
感染していない犬舎に出したくても出せないのです

そして今日も5頭の命が私たちの前から消えていきました...

シッポウちゃん(8~10歳)
$Daian 目指せ♪ セレブなイイ女!

おつるちゃん(4~6歳)
$Daian 目指せ♪ セレブなイイ女!

カメ君(8~10歳)
$Daian 目指せ♪ セレブなイイ女!

はたお君(6歳)
$Daian 目指せ♪ セレブなイイ女!

ゼン君(6~8歳)
$Daian 目指せ♪ セレブなイイ女!

この子たちのもう手の届かない所へ逝ってしまいました

治療を受けさせたくてもスペースが確保できない
元気になった子を保護する場所さえあれば
悲劇は避けられたかも知れません

もう私達に協力できることはないのでしょうか
明日の朝が来るのが怖い...

職員さんたちは消毒に追われ疲労が溜まりつつあります
消毒してもしても止まらない感染
このままでは恐ろしい決断が下されます
私達に出来る事があれば最後まで諦めずにいたい
必要な物資は下記の通りですので
ご協力できるアイテムがありましたら是非

感染していない犬に限定しての引き取りでも可能ですので
わずかな可能性のある方でも構いませんので
お声かけをお待ちしています

2011.10.24 | |

センターの危機
熊本市動物愛護センターに収容された成犬4頭に新たな発症が
確認されたとの連絡が入りました

携帯電話を握る手が震えました
終息するどころか止まらない...

そして発症した4頭の中にうみんちゅの名前がありました

再び幸せになるチャンスを得た彼は
飼い主さんのおうちを飛び出してしまい
8月の炎天下に熱中症と闘いながら
皆さんの協力を得て捜索活動をした日々が
私の記憶に深く刻まれています

センターで目が遭ったあの日から
度々関わってきた彼に病魔が襲ってしまった今
私はとても冷静ではいられませんでした

スタッフに頼んで私の代わりに動けるスタッフを募集
と同時に一緒に心配してくれていたフィリア代表Tさんへ報告
スタッフのチビさんからすぐに「行ける!」との連絡
フィリアTさんからも「任せとけ!」とすぐに返信をいただきました

仕事を放ってでもセンターへと車を走らせたい気持ちでいっぱい
声をかけてくれる人々の気持ちに触れて涙が溢れてきました

既に事情を話していた動物病院へ連絡し隔離部屋を確保
センターからうみんちゅを無事にレスキューし
たった今Tさんから「病院に預けたよ」と連絡がありました

残してきた3頭の命はないかも知れません...
うみんちゅにもこれから闘病という苦しみが襲いかかるでしょう
再び日の目を見ることなく感染症に苦しむなんて
本当に本当にやるせない気持ちです

センターでは市からの臨時予算がおり
ワクチンを購入できる事になったと聞きました
ただ今すぐに全頭接種させるのは大変危険なので
終息を待ってから元気な子から順次接種していただく予定です

今現在のお声かけは残念ながらゼロのまま...
うみんちゅもファンタグレープも命が助かったとしても
新しい飼い主を探さなければいけないので
これ以上のチームでの長期保護は到底無理な状況です

当方では感染症の治療をきちんと行わせていただき
他への感染しないと確認させていただいた上でのお渡しになります
新しい飼い主さん・犬を引き受けてくれるボランティアさん
ご協力いただける方がいらっしゃいましたら
左下のメールフォームよりお待ちしています

2011.10.24 | |

センターの犬達
センターに収容された犬達の今日現在の状況

・死亡・・・仔犬2頭/成犬1頭/安楽死2頭
・治療中・・・仔犬2頭/成犬6頭

今日も食欲減退ぎみの成犬が2頭確認されています

昨日から新しい飼い主さんや引きうけてくれるボランティアさんを
求め呼びかけをさせていただいていますが
これまでにご連絡は1件もありません

出来るだけ沢山の方々に知っていただきたいので
ブログをお持ちの方がいらっしゃいましたら
センターの犬達の為にどうかリンクをお願いします
そして知人の方へも呼びかけをお願いできないでしょうか

発症した犬たちを生かし治療を受けさせるために
検査室を空ける必要があります
そのために元気な子や回復期にある犬達を避難させて
これ以上の感染の拡大を食い止めたのです

みなさまに助けていただきたい犬達の情報について
書いてみましたのでご参考になればと思います

①仔犬2頭(検査室)
もともと3頭きょうだいで収容されていました
施設内で感染した別の犬が確認された時点でワクチンを打っていますが
その2日後にきょうだい1頭が死亡しています
残る2頭は元気でご飯も食べます
パルボウィルスを含むワクチンを既に接種してしまったので
実際に感染しているかしていないか検査しても
判断がつかないことになります

②成犬2頭(検査室)
パルボウィルスに感染しましたが
現在回復期にあり食事も食べるようになりました
一度ウィルスに感染していますので半月~1ヵ月の隔離が必要です

③症状の出ていない成犬(犬舎)
たとえ感染し潜伏期間であっても
今のうちにインターフェロンの注射を打ち免疫力をしっかり上げた上で
ワクチンの接種を受けさせれば発症しない可能性が高く
これ以上の感染拡大防止のためにも避難が必要です
ご存知の通りうみんちゅもその対象になりますが
性格が温厚だったり懐っこい 
せめて飼いやすさ5つ星の子達たけは命を繋ぎとめられないかと
思い願っています
(飼いやすさを表す星マークはセンターHPに表示されています)

本来の活動は猫がメインなので犬の事は勉強不足ですが
もしも救っていただける方が現れてくださったら
フィリアさんや獣医師の指導を受けながら感染防止を第一に
ご迷惑にならないよう精一杯のご協力をさせていただきます

パルボは本当に怖いウィルスです
でもいつか必ず終息する
その日を待ちながらただ見ているだけではいられない

センターの職員さんたちが諦めない限りサポートしたい
殺処分ゼロを目標に邁進する行政
賛同する私達市民も今の苦境を共に乗り越えて行くべきです
活動の先にあるべき明るい将来に暗雲がたちこめる前に
私たちの出来る事に共に挑戦して下さいませんか

苦しむ動物達や職員さん達に手を差し伸べて上げて下さい
宜しくお願いします

2011.10.23 | |