スルー力を身につける事で得られること

Pocket

最近、「スルー力」が身につき
生きていくのがだいぶ楽になっている私ですが

最近も・・

先週、ある習い事を通しての仲間たちと
レッスン終了後

その仲間である友人の働いている
レストランに皆でランチを食べに行こうという話になりまして

私はレッスン終了後に
また別の勉強をしているので
来週は都合が悪いけれど

再来週のレッスン終了後なら大丈夫だと
話したのですが

再来週は都合が悪いという人もいまして

みんなの都合を聞いていると
日程が決まらないと思ったので

私の事は気にせず
皆の都合の良い日に決めていいよ
と言ったのですが

今日その仲間たちのLINEグループで

「来週のランチ楽しみだね♪」と入ってきまして

??来週になったのかな?と思いまして

そしたら、その後も

「人数が多いので先にメニュー決めておこう」とか
「パスタおいしそう」とか
「素敵なお店みたいだね~」とか

楽しそうなLINEのやり取りがあったのですが

そのLINEのやり取りを見て
「ランチ再来週ではなく来週行く事に
なったんだな~」と思いながら読んでいたのですが

昔の私だったら

「いつ来週に決まったんだろう?」と
イチイチ気になったり

皆の都合の良い日に行って来てと言いながらも

「私が都合悪いという日に決まったんだ・・」と

自分で言っておきながら凹んだり

あまり良い気分じゃない自分がいたはずだけど

最近の私はスルー力がだいぶついていまして 笑

「私が帰った後に残った人達の都合で
来週になったんだろうな」と考えられます。

というか、
どっちでもいい  笑

先程も私が幹事をしている行事で

明日から出かける
バンガローに宿泊してのBBQの件で

誰それが「俺は誘ってもらえていないから
行けない」と言っていたと
今更出かける前の日に言う?というような事を聞きまして

誘った誘わないもなく
いつものメンバーでの毎回の行事だし

誰でも目に付くところに

BBQのお誘いの
お知らせを貼ってあるわけだし

参加人数が多いこともあり?
毎回必ずこう言うことをいう人がいるのですが

今までの私なら
めんどくさいヤツだなっと

イラっときたりしていましたが

今ではそんな話を聞いても
めんどくさいヤツだと思うこともなく

誘ったでしょ!と

気分を悪くすることもなく

それは私の問題ではなく
本人の問題だから

来たければ来ればいいし
来たくなければ来なければいいだけだと

そう思うだけでして

来たい人は誰が誰を連れて来てもOKだし
来たくない人は来なくても

ハッキリ言って
私には関係のない事。

本人の問題なので私はスルー。

イチイチくだらないことに
いらぬエネルギーをそそいだり

自分の勝手な思いや考えで

凹んだりイラついたり
怒る必要もなく

「そうなんだね~」とスルーするだけでして

このスルー力を身につけると
生きていくのが
とっても楽だし

ネガティブな感情を持たずにすむので

感情がざわつかない。

いつから私はこのスルー力を
身につけていくようになったんだろう?

と考えたときに

今までスルーすることが出来ずに
生きづらさを感じていて

ネガティブな感情になる事で

余計にネガティブな現状を引き寄せて
負のスパイラルに陥っていた私が

少しづつ起きていることの
捉え方を変えていくことを意識していくなかで

自分の感情をコントロールすることが
出来るようになっていったのかもしれません。

結局、自分の人生なのだから
自分の都合の良いように
捉えていけばいいという事に気づき

人のことを気にするのではなく
まずは自分

そして

自分の都合の良い捉え方をしていると
ネガティブな感情をもつ事が少なくなってくるので

自分が満たされるので

自分が満たされれば
自分以外の人にも満たされた思いを
わけてあげる事が出来るので

これはとても良い循環をしていると
私は思っていまして

この考え方を採用しています。

母が昔から
口癖のように言っていた言葉がありまして

「たった1度の人生
笑っても泣いても同じ人生
それなら笑っていなければ損損!」

私も子を持つ母親どころか孫までいる年齢になりまして
母の言っていた言葉通りだなと全く同感でして

泣いても笑っても同じ人生なら
楽しく笑って毎日を過ごしていきたいなと思っています。

ということで

大切な自分のエネルギーは
もっと大切なところにつかいましょう^^♪

 

 

 

ボイスマルシェに参加しています。

 

ドキドキ起業したい女性を応援するための
 無料メルマガ講座です。起業女の扉
本 お金のこと学べます

10日間無料お金の講座

¥ あなたは金運体質?

簡単な質問に答えるだけでわかります

キラキラ現状を変えて生きませんか?