タイプなんです…って☆

Pocket

妹と仕事の合間に
通い始めたカーブス

事務所近くの
イオンの中にあるカーブス

kikiは通える時は
3時に仕事を抜けて通っていた

いつものように今日も
同じ時間にカーブスに行き
運動をして
帰ろうと車に向かっていたら

凄い勢いで
走って来る足音が聞こえ
振り返ったら

30半ば~?過ぎ位の男性

kikiの前に立ち
興奮しながら話し始めた

「怪しい者じゃないんです!!
本当に怪しい奴じゃないんです!

あなたは僕の好みで

じじ自分の好きな顔で

だから
だから

一緒にお食事でも
行けたらと思い

電話でもメールでもいいので
連絡下さい!」と

名刺だけ渡していなくなった

…何?

はあ?

事務所に戻り
あった事を妹に話したら

妹…大爆笑

「マジ?

超ウケるんだけど~!!!」

大笑い

確かに爆笑するわ…^^;

「若い子じゃあるまいし

孫までいるオバサンに
何て奴なんだろう

信じられないわ(–;)」

kikiの話す言葉も
耳に入っていない妹

大爆笑しながら

「毎日 お姉の事
見てたんじゃん

好みだ~て」


もう少し若きゃ
ぬか喜びもしたかもしれないけど

何なん?

明日から
カーブス行く時間
変えようかな…(–;)ちーん

kikiはーと

Android携帯からの投稿