ノロウィルスって何?ノロウィルスにかかってしまった場合は?

 

先週ノロウィルスでダウンしていたのですが

毎年この時期にノロウィルスに感染します。(汗

 

 

以前は大好物の生ガキを食べると

ノロウィルスにかかっていたのですが

 

 

最近はさすがに大好物でも

ノロウィルスの恐ろしさから

生ガキは我慢して食べなくなりましたが

 

 

家族からの感染で

ノロウィルスに感染してしまいます。

 

 

さてこのノロウィルスについて今回は調べてみました。

 

 

ノロウイルスは以前、サポウイルス、アストロウイルスを含めて

小型球形ウイルスと呼ばれていました。

 

 

乳幼児では、初冬(11~12月)を中心に急に発生します。

成人では、二枚貝などを生か加熱不足で食べた場合にみられます。

 

 

学校・施設や旅行先などで集団食中毒として発生することがあり

二次感染として発生することもあります。

 

 

症状ですが

 

突然、嘔吐・下痢が起こります。

我慢できなくて1日に何度も吐いたという人も大勢います。

 

私も一晩に6~7回激しい吐き気に襲われ

トイレに駆け込みました。

下痢も水のような便が何度も出ます。

(脱水症状にならないように

水分補給を心がけてくださいね)

 

 

しかし

 

安易にノロウイルス感染者の嘔吐物などを

処理をするとすぐに感染してしまいます。

 

 

私の感染の原因はまさにこれです。

 

 

ノロウイルスの対策として現在最も効果的なものは

厚生労働省から消毒効果が推奨されている次亜塩素酸水です。

 

 

ノロウイルス感染者の嘔吐物などに

次亜塩素酸水を直接噴霧します。

 

 

より安全に作業していただく為に

ビニール手袋やマスクの着用をおすすめします。

 

ノロウイルス感染者の嘔吐物などを拭き取ったタオルは

石鹸で洗ってもノロウイルスを消毒したことにはなりません。

 

次亜塩素酸水に浸すなどして確実に消毒してください。

 

私は使ったタオルなどはビニール袋に入れ捨ててしまっています。

 

そしてノロウィルスの治療ですが

 

「カルテを見て考えるドクターカルテを見て考えるドクター」[モデル:ACE]のフリー写真素材

私の場合は症状がひどく

脱水症状になってしまうので点滴を打ちますが

 

現在の医学界には感染を防ぐワクチンや

抗ウイルス剤がないため

病院では起きている症状を

和らげるための治療がほとんどです。

 

 

そして予防ですが

 

「料理の前に手を洗う料理の前に手を洗う」のフリー写真素材

すべての感染症の予防の基本となるのが「手洗い」です。

ノロウィルスの予防も「手洗い」です。

 

石鹸をつけしっかりと手洗いすることが大切です。

 

 

とにかくノロウィルスにかかってしまうと大変なので

しっかりと予防をしましょう。

 

 

そして、もしもノロウィルスになってしまった場合は

早めに病院に行く事をおすすめします。