常識という偏見☆

Pocket

 「常識とは

 

18歳までに身につけた

偏見のコレクションのことをいう」

 

 

物理学者の
アルベルト・アインシュタインは
この名言を残しました

 

 

人の話を聞いている時に

 

「それはないな~」

「ありえないでしょう」

 

 

この「それはありえない」という言葉

 

 

大切なものを
遠ざけてしまう危険な言葉

 

 

初めて見たり聞いたりすることには
否定するのではなく

 

 

まずいったんのみ込む
受け入れてみる

 

 

 「へぇ~なるほどね」
そう受け止めてみる

 

 

否定の先に道は続かないから

 

 

 人は否定された相手に
それ以上の情報を
提供しようとは思わない

 

「へぇ~なるほど」の先に
あなたを変える
運命の続きがあるかもしれない

 

 

「それは違うな~」

「ありえないでしょう」

 

否定の先には何もない

 

 

 あなたが常識だと思っている事は
あなたの世界での常識で

 

 「あんないい奥さんがいるのに

浮気するなんて」

 

それが私達の常識でも

 

 

一夫多妻制の国では
そんな常識なんて通用しない

 

 

国が変われば
常識も非常識になるということ

 

 

常識だと自分が思っていることを
打ち破って行く

 

 

その先に見えてくるものが必ずある

 

 

小さい世界で

自分を正当化させることも

自分を優位にたたせることも

 たいした価値はない

 

 

もっと好奇心をもって
自分以外の相手を受け入れて

 

 

世界を広げていったら
見えてくるものが
変わってくるはず

 

 
2歳3カ月になった
我が家の王子

言葉の数も増えました

 

最近、私の話を聞いた後に
「へ~そっか!」と言います

 

 まずは
すべてを受け入れてくれる
この「そっか!」

王子のこの言葉を聞くたび
可愛くって嬉しくって
思わず抱きしめたくなります^^