泣くほどショックをうけていた原因は私だった!?

Pocket

 

 

この間のBBQで

久しぶりに会った叔母

 

今は亡き父の弟のお嫁さん。

 

 

叔母と言っても私と同じ年なんですが

 

その叔母に

 

「私はあなたに嫌われたのかと

心配だった」と涙ぐんで言われまして

 

 

 

???だった私。

 

 

数週間前に叔母は私に

LINE電話をしていたみたいなのですが

 

私からの折り返しの電話が

かかってこなかったことを

とっても気にしていたらしく

 

 

私に嫌われたのではないかと

気にして泣いていたそうです。

 

 

そんな事も知らず

私はLINE電話があったことに気がついたのが

 

夜遅くだったので電話を入れず

 

急用ならまたかかってくるだろうくらいに

思っていました。

 

 

 

そんな時に叔母は

私に嫌われたのではないかと

心配になって泣いていたそうなんですが

 

 

 

娘が泣いている母親を心配して

 

「お母さん何かあったの?」と聞かれたそうで

 

そこで叔母は

 

私から折り返しの電話が

かかってこないことを娘さんに話したようで

 

 

娘さんからは

 

忙しかったとか

後でかけようと思ってウッカリ忘れてしまったとか

 

そういうことかもしれないし

 

そんなに気になるなら

もう1度電話をかけてみたらいいと

アドバイスされたようです。

 

 

叔母は日本人ではなく

モンゴル人でして

 

叔父さんがガンで余命三ヶ月だと

宣告を受けたときに

 

叔父さんは奥さん

つまり叔母を連れて私のところに来まして

 

「俺はガンであと3ヶ月しか生きられない

俺が亡くなった後の葬儀など全てを

オマエに頼みに来た」と言いました。

 

 

叔母はモンゴルの方なので

日本の葬儀のこともわからないし

 

日本語を書いたり読んだりもできないので

役所に行っての手続きなども難しいので

 

私に全て頼んできたのです。

 

 

 

叔父さんには妹や姉や兄

 

私の叔父さんや叔母さんにあたる人が

近くに住んでいるのですが

 

 

自分の兄弟ではなく

姪っ子の私に全てをお願いしに来ました。

 

 

重い役割を頼まれたと思いましたが

 

私は3ヶ月後にこの世から

去ってしまうかもしれない叔父の

最後のお願いを引き受けました。

 

 

その後、叔父の様態は

みるみる悪化していき

 

3ヶ月もたたず亡くなってしまい

 

私は叔父との約束通り

葬儀のことから

お墓のこと

 

その後の法事から

叔母の職場での書類から何まで

 

私で出来る事は力になってやってきました。

 

 

読み書きもできずに日本にいて

 

頼りにしていた愛する夫を失い

娘と2人で日本にいることは

 

とっても心細いことだと思います。

 

 

 

叔父が亡くなる前に叔母に

 

何かあった時には

誰のところでなく私のところへ行き

相談するようにと言っていたそうです。

 

 

そんな事も知らずに私は

 

何かあったら又かけてくるだろうと

能天気だったのです。

 

申し訳なかったと反省しましたが

 

 

これから先、

何かあったりしても

嫌いになったりしないし

 

 

これからも私に出来る事は

お手伝いさせてもらうし

 

相談にものるからと

涙ぐんでいた叔母に話しました。

 

 

今回の件で私は

自分が想像していた以上に大きなことを

叔父さんと約束していたんだと思いました。

 

私に出来る事はたかがしれているかもしれませんが

 

 

叔父さんと約束した以上これからも

残された叔母と娘さんの力になっていこうと

 

改めて思った一件でした。

 

 

そして今回の件で学ぶべきもう1つのこと

 

娘さんの母親へのアドバイス

 

●相手は忙しいかもしれない

●気になるなら泣いて待っていないで

もう1度電話をかけてみたらいい

●忙しく後でかけなおそうと思い

忘れているかもしれない

 

私も叔母と同じようになったら

何故かけてきてくれないんだろう?とか

 

私が気に障るような事してしまったかな?とか

 

自分が原因でかけなおしてこないんじゃないかと

思っていたかもしれません。

 

 

でも勝手な自分の憶測で

不安になったり、心配したり

凹んでしまわず

 

 

娘さんのアドバイスのように

 

忙しいのかな?

忙しいんだろうなとか

 

忙しい人だから

電話があったことは確認したけれど

後からかけようと思って

ウッカリ忘れてしまったのかもしれない

 

私だってそういう時あるし・・と

 

そんな風に考えられたら

 

同じ出来事でも

その後の自分の気持ちが楽になりますよね。

 

もしかしたら

相手が体調が悪く連絡できない状態だってあるかもしれません。

 

どうしても心配や不安なら

メールやLINEで

 

電話かけたのですが忙しいですか?

お返事くださいとか

 

返事がないけれど元気でしたか?とか

 

 

用事があるのですが

いつならお電話大丈夫ですか?と聞けばいいですよね。

 

 

それでも何のリアクションもなければ

そこで初めて気にすればいい事であって

 

勝手な憶測や

悪い方への想像は無意味ですもんね。

 

 

同じ出来事でも

どう捉えるかで大きく変わってきます。

 

いつも言っていますが

自分の都合の良い捉え方をすればいい^^

 

そうすれば

 

生きる事が楽になりますもんね♪

 

 

 

 

ボイスマルシェに参加しています。

 

ドキドキ起業したい女性を応援するための
 無料メルマガ講座です。起業女の扉
本 お金のこと学べます

10日間無料お金の講座

¥ あなたは金運体質?

簡単な質問に答えるだけでわかります

キラキラ現状を変えて生きませんか?