貧しい人はなぜ、いつまでも貧しいままなのか?

Pocket

お釈迦様の托鉢(たくはつ)の

お話を知っていますか?

 

 

 

托鉢というのはお坊さんが

行う修行の1つで

 

 

お経を唱えながら

お鉢を持ってお布施を頂きに行く行為です

 

 

この時に

お釈迦様はお弟子さんに

 

 

お金を持っている家を回るのではなく

 

 

貧しい家を回るようにと言われるそうです

 

 

 

 

托鉢で貧しい人から

お布施をいただくということは

 

 

貧しさから、その人たちを

救ってあげることだからです

 

 

 

貧しい人たちは自分たちの事を

貧しいと思っているから

お布施をする事はできないと思い

お布施をしてこなかった

 

 

 

貧しい人がなぜ

いつまでも貧しいままなのか?

 

 

それは自分でも

貧しいと思っていて

自分以外のためにお金を使えないから

 

 

 

お釈迦様はこの事がわかっているので

 

 

その人達から お布施を出す

 

自分以外のために

お金を出すという行為の大切さを教え

 

貧しさから人々を救ってあげるために

 

あえて、

貧しい家を回るように言われたそうです

 

 

まずは出す

 

 

先に出す

 

 

その行為でお金は循環していく

 

豊かになるためには

お金を循環させていく事が大切です

 

N695_ichimanensatu500-thumb-260xauto-1738

 

あなたは本当にやりたいことが出来ていますか?

今からでも遅くない!あなたの人生は変えられますよ☆

☆===========================☆

あなたに代わってI.N.Aのシステムがダウン自動構築します

☆===========================☆