転載 大熊町のまだ生きている子達の命 繋ぐための署名活動のご協力をお願いします☆

Pocket

$どうぶつたちの気持ち

このわんこは全く声を発することなく
すーっと腕の中に入り、じっとしているのです。
時間よ止まれ…という気持ちになります。

————————————

福島県大熊町への道はバリケードで閉ざされました。
政府は大熊町に残されたペット達を餓死させて
何事もなかった様に消しさろうとしています。

でも我々は決して忘れない。
政府や東電が犯した大罪を。
多くの牛たちやペットを餓死させたのに
また更に多くのペット達を餓死させようとしています。

前野田総理&環境省
あなた方にこの仔たちの気持ちがわかるか?!
わからないでしょうね・・・・・。
本来であれば署名などしてる時間もない。
でも訴えるには実力行使かこの方法しかないのです。

もうこの国にどうぶつ達の命の重さを感じる役人はいないようです。
そんな日本の未来は大熊町のバリケードと同じように
閉ざされたのと同じです。

あべ総理?のやりたかった事はこんな事だったのでしょうか?

「国の偉大さ、道徳的発展は、
その国におけるどうぶつの扱い方で判る。」
マハトマ・ガンジー

↓賛同できる方は署名をお願いします。

「大熊町の帰還困難区域内へ、動物救護のための立ち入りを許可せよ。」

写真はFB野口圭子さんのウオールからです。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=378654482228099&set=a.113267248766825.21410.100002506504104&type=1&theater

友 どうぶつたちのきもちさんの記事を転載させていただきました。

やれることは

やります。