転載とお願い☆

Pocket

ちゃりチャンからの転載

↓  ↓  ↓

******

銃殺って 安楽死だったの?

それに 何故 救済の途を 開かず

殺すことに 焦点が当てられるのかね?

なんで こういう 発想しか出来んのかね・・。

それって 恐くね?

↓ 中央環境審議会 議事録です。これ とっても興味深いっ!!

http://www.env.go.jp/council/14animal/y143-22a.htm

犬猫救済の輪さまのお部屋より

転載致します。

*****以下 転載文*****

どんどん拡散して下さい!

「警戒区域の家畜もペットもどんどん銃殺させてほしい]と

ジャパンケンネルクラブ理事長が発言!

 
特定非営利活動法人 横浜アニマルファミリー 様より 転載です
http://www.animal-family.org/index.php?itemid=1608

「警戒区域の家畜もペットもどんどん銃殺させてほしい]と

ジャパンケンネルクラブ理事長が発言!

以下、「中央環境審議会動物愛護部会第22回動物愛護管理のあり方

検討小委員会」の議事録より抜粋。
http://www.env.go.jp/council/14animal/y143-22a.htm

永村武美とはジャパンケンネルクラブ理事長 

(農林水産省生産局畜産部長からの天下り)

【永村委員】 さっき、私が申し上げたことは、

やや誤解を招くかもしれませんけれども、私が申し上げたかったのは

、例えば豚とか牛とか、いわゆる同行避難には

とてもなじまない大きな家畜がたくさんいるわけですね。

こういう家畜については、およそ近い将来、

救済できないという判断がその場でできれば、

直ちに安楽死として銃殺を是非させてほしい。

保定をして毒物で殺すなんていうのは、大変な労力と時間がかかるわけですから、

ペットでも、とても今、人間と同行避難が

できないというときは、

何らかの特殊な人に銃を持たせて、

どんどんどんどん銃殺をしていくと、

安楽死という意味で。

そういうことを法律に盛り込むのであれば、

災害時には、今回のような場合でも非常に有効だと思います。

もちろん、それが動物愛護にかなうという理解が得られた上で

ということであります。そういうことです。

「銃殺・・・・」

聞いただけでさぶいぼ立つ・・・・←チキンスキン総立ち

*****

以上です。

kikiからのお願いですm(_ _ )m

被災動物犬猫里親会に行かれた
ちゃりチャン

その時のブログから

一部抜粋します

↓  ↓  ↓ 

******

訪れる人達も泣いていました・・・

身体のあちこちが痛みました。

これが現実
これが日本
これが警戒区域内

何が出来るのか
できる事から始めたい

そして会場で嘆願書をいただいてきました。

「警戒区域内に取り残された全動物の早期完全救出を求める嘆願書」
多ければ多いほどいいに決まってます

既に牛の殺処分がされている

完全に警戒区域が封鎖になる前に
死ななくていい命を
助けたいんです。

*****

『嘆願書』書いてもいいよと言う方
協力出来る方がいましたら

kikiにご連絡下さい

嘆願書送ります
嘆願書の送り先もお教えいたします。

一枚の嘆願書ですが
お手数をおかけしますがコピーをして
何名でもいいです
書いてくださるなら
ご協力をお願いしたいと思います。

できる事は後悔しないように
やりたい
生かされたのに生きてる命を助けたい

後悔はしたくないです。

よろしくお願いします。

  kiki